育毛シャンプー

育毛シャンプーが合わなかったときは

抜け毛、薄毛対策のために使いたい「育毛シャンプー」。
頭皮の環境を清潔にし、保湿を行いながら発毛に必要な皮脂を残し、
髪が抜けにくく生えやすい環境に整えてくれるものですが、
この育毛シャンプーを使用してみたところ自分の肌には合わなかった、という方もいらっしゃると思います。

使用していて肌が荒れる・赤くなるなどの刺激が出てきたり、
またはかえって前より抜け毛が増えたなどの様々なトラブルで育毛シャンプーが合わないと感じたときは、
まず使用を中止することをおすすめします。

肌荒れ以外に吹き出物などが出てきた場合にはすぐに皮膚科を受診することが望ましいですが、
受診の際には使用していた育毛シャンプーの成分をよく把握したうえで、医師に相談すると良いでしょう。
シャンプーの中に含まれている成分で肌に合わないものがあるか、
もしくはそれ以外の皮膚の疾患なのかをしっかりと見極めることが重要です。

もし肌に合わなかった原因が育毛シャンプーのせいではなく自分自身の皮膚病であれば、そのままシャンプーは続けて良いと思います。
育毛シャンプーがアミノ酸系のシャンプーである場合、
ほかの市販品よりもずっと皮膚には安全性が高いという特徴があります。
ほかの市販品は石油系の界面活性剤を使用していたり、
石鹸成分が強いものだったりと、皮膚に強い刺激を与えてしまうものが多いのです。
こちらのサイトの育毛シャンプーのさまざまな育毛成分についての解説ページもオススメです。

皮膚に強い刺激を与えすぎないためには、
育毛シャンプーのなかでも特に自然由来の成分でつくられた自然派シャンプーなどを使用するという方法もあります。
天然の成分であれば一般的なシャンプーと違って化学系の成分の影響を受けませんし、
身体に害も少ないので信頼性が高いことが特徴です。

女性用の自然派シャンプーなども登場していますから、
ふつうの育毛シャンプーが合わなかったという場合はそちらに替えて使ってみることもおすすめです。
自然派シャンプーでは花しゃんなどが有名です。
また、こちらの育毛シャンプー解説サイトにもわかりやすく掲載されているので合わせて参考にご覧ください。